変奏現実 (仮

パソコンやMMORPGのことなどを思いつくまま・・・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【MS Visual Studio Community 2015】SignTool.exeが見つかりません

ぐぐって https://www.facebook.com/cocollab.co/posts/454468274724344 を見つけた。

Windows SDKにSignTool.exeが含まれているそうだ。

なので、

https://dev.windows.com/ja-jp/downloads/windows-10-sdk から Windows SDKをダウンロード

オンラインインストーラなんだけど、直接インストするのは長くかかりそうだったので、パッケージをダウンロードしてからインストした。

※ダウンロード先の初期設定は C:\Users\${ユーザ名}\Downloads\Windows Kits\10\StandaloneSDK

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86\signtool.exeを

環境変数PATHに含まれていないが

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Binにコピればよい。

※ フォルダ名の(x86)は64ビット版のWindows10の場合のみ付く

サンプルを発行させアップロードしてみると

無情なメッセージに阻まれるが

「詳細情報」をクリックすれば【実行】ボタンが出てくる。

20160311

しかし、インストしても

C:\Users\${ユーザ名}\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\WindowsApplication1にショートカットが1つできるだけで、コントロールパネルのアプリの一覧には出てこないし、リンク先は発行ウィザードで指定したURL。

サーバーからファイルを消しても支障は無い様だ。

どこかのキャッシュに残っているだけかもしれない。

Cドライブをサーチしてみると

C:\Users\${ユーザ名}\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Recent とか

C:\Users\${ユーザ名}\AppData\Local\Apps\2.0\…ゴニョ…\…ゴニョ…\wind..tion_…ゴニョ…_…ゴニョ… とか

に実体が残っていた。

 

最初はこんな感じ
20130311-2
アプリを修正して、公開⇒【今すぐ発行】ボタンを押して、出来たpublish.htm, setup.exe, exe を

発行ウイィザードで指定したURLにアップしておけば、

アプリが起動時(または終了時)に自動的にURLをチェックしてくれる。
20160312-2
で、ここまで進化した。
20160311-3
なぜかいつまでも、1.0.0.0なのはご愛敬。

そしてCD-ROMからインストするケースを試した途端に

http://http//xxxx  とか設定がグチャグチャになってインストールに失敗し始めた。

This entry was posted on 土曜日, 3月 12th, 2016 at 00:42 and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply





XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>