変奏現実 (仮

パソコンやMMORPGのことなどを思いつくまま・・・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Visual Studio 2017 (community) PART-1

Visual Studio 2017 (community)をダウンロードしたので

まずは2015版をアンインストールしようとしたのだが・・・

全然進まない感じ

ま、このように・・・

2015版のインストーラーが非常に重い点が改善されたそうだ。

と書き出したら・・・

微速前進

終わるとこのページにジャンプする。

が・・・大量のパッケージが残っていた。

しかもその中にはMS-OFFICEやグラフィックボードのドライバーがインストしたランタイムもも混ざっている。

とりあえず(何も考えず)ザザザーと消してからインストール。

欲張って全部チェックすると50GBぐらいになるらしい。

Node.jsが入っているけど沢山あるバージョンを切り替えて使えるのだろうか?

※Node.jsのプロジェクトを作ってみると・・・自分でNode.jsをインストしなければいけないらしい。

Unityのバージョンは最新なのかな?

※デスクトップにUnity 5.4.0f3 (64-bit)のアイコンが出来ていた。

など気になる箇所はあるけど・・・

後回しにして、とりあえずインストしようか

使用可能の欄は30日間お試し版のお誘い

と、スクリーンショットを取って『いつものフォルダ』に保存する。

そして、この『いつものフォルダ』は結構ネストが深い。

しかし、Windows-10の「フォルダ」で「クイックアクセス」を表示しておけば

スグに「最近使用したファイル」にリストアップされ、

ささっとドラッグしてWordPressに簡単に載せられる。

これがあれば「ゴミ箱」を作業フォルダ替わりに使う必要も無い。

 

ちょっと触った感じでは、オールインワンでインストすれば一通りセットアップは完了、あとはコードするだけだった今までのVisual Studio の考えとは少し変わり、Visual StudioのIDEつまりUIを通りして色々なモノを作ってねという感じに変わっている様だ。

それはそれで便利な気がする。

Java系のIDEのEclipseもそんな感じなのだけど、

どちらもプラグインの作り方はバラバラだろうから・・・

結局のところ、どのIDEにも肩入れしない(=プラグインは自作しない)方が安心だと思っている。

to be continue ...

 

This entry was posted on 水曜日, 3月 15th, 2017 at 05:22 and is filed under パソコン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply





XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>