変奏現実

パソコンやMMORPGのことなどを思いつくまま・・・記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

この画面は、簡易表示です

ブラックホール宇宙

宇宙も最後には普通の恒星も消え、ブラックホールしか残らないらしい。

それでもブラックホール周辺の膠着円盤からX線が放出されているだろうから、
可視光の代わりにX線で眺める宇宙に変わっているのかもしれない。
しかもブラックホールが消えるまでは気が遠くなる様な時間が必要なので
今の宇宙の状態が続くよりも長い期間続くだろう。何百兆年くらいに(笑

核融合のできる様な軽い元素も無く普通の恒星が生まれなくなって久しい。
そんなX線宇宙に恒星間での生活に適合してしまい、うっかり生き残ってしまった人類が居て
各種放射線、α線で軽い物質を補給しβ線で電力を賄いガンマー線(X線)で周囲を観測することで
なんとか暮らしていた。

しかし、その頃には鉄とか重い元素がベースの生物の方が主流で
X線の日向ぼっこが大好きで多種多様な放射性物質のデザートに目が無い奴らばかり。

そんな途方も無く遠い未来の宇宙での人類と重金属生物も攻防。
ベタな特撮モノのストーリィを遥か遠い未来の宇宙で表現できれば

面白いかな?



時間は存在しない?

あるYoutobe動画にそんなのがあって、

概念だけで存在しないという感じだったけど。

判りやすく例えると

  • 物質の変化は時間的要素あるいは時間軸を用いて観測される。
  • 宇宙で観測できるものは全て観測の変化あるいは移動が観測されている。
  • にも拘わらず、時間という物質は無いから、存在は無いに等しい。
  • 人の心が生み出した幻だ。

ということっぽい。

しかし、これは明らかな間違い。

時間の切れ目、つまり時限や期限は、人為的なもの。

これを応用した「時間の切り売り」は、人間の取引の重要な要件である。

しかし、実際の宇宙の時間に切れ目は見当たらないので、物質の様に「切れ目」を感じることができない。

あるいは様々な寿命(賞味期限等)を時間の切れ目と捉えることもできるが、それは

目的の達成(食す等)が可能かどうかの切れ目であって時間そのものの切れ目ではない。※例:腐っても鯛。

それに光速度の不変というものがあり、光の速度が観測するものの移動量に左右されず、一定の速度として観測されることで、これは「光」すなわち「電磁波」そのものが「時間」を伝播する物質と考えることもできる。

ハズだ。

しかし、そう考えたくない人が多いらしい。

電磁波無しには大凡の観測ということ自体が不可能なのにね。

電磁波を受けることで、物質の温度があがり、活発な活動を行う変わりに、ちょっと時間の進みが速くなりそうなのに遅くなるから直感的にズレが生じるからだ。

だが、電磁波を受けることで、物質の時間が運動エネルギーに変換されると捉えれば、理解も深まるだろう。

そう、宇宙は時間エネルギーを消費しつつ、膨張続けているのだ。



[VB.net] for eachにindexが欲しい

大方の場合

For Each item in collection
  debug.print(item .xxx)
Next

で済むけど、何番目なのか知りたい時があるが、

Dim index As Integer=0
For Each item in collection
  debug.print($"{index}:{item .xxx}")   ' あ、indexを+1しないといけない
  index += 1  ’改造中に消えたり、ココを通らなくなるとメンドィ
Next

パッと見、ゴチャったコードになってしまう。

Enumerable.Select メソッドでcollectiomの各要素をindex付のテンポラリィなクラスに差替えられるので、
for each の in で使ってみると・・・

For Each entry In collection.Select(Function(item, index) New With {item, index})
    Debug.Print($"{entry.index}:{entry.item.xxx}")
Next

entryは collectionの要素であるitemとindexのプロパティを持ち、entry.indexには、0から始まる整数が、entry.itemにはcollectionの各要素が入る。

また、EnumerableにはSelectのほかにもDistinct、Where、OrderByやUnionまであるから、SQL風に書こうとすればできないこともないかもしれない。



【Excel】秒分グラフ

単位を分と秒にするとまともなグラフを作れないのはエクセルの仕様ですか?
ブチギレそうです。

~とあるTwitter から~

そうなのかな?と思ってやってみたら、見事にハマった。

失敗したグラフ

単に棒グラフを作成すると、このデータの場合は自動的に横軸の目盛りが「43秒」毎に配置されてしまう。原因は単位が60進数を考慮してない設計のせいで、適当スギる値になっているせいだ。

適当スギる単位

単位の主はセルに「0:1:0」と入力して書式を「数値」にすると、「0.0006944444」になるが、
長いので「0.000695」が良いだろう。補助線も「0.00139」ぐらいが良いだろう。※適当だけど!

では変更を加えよう!

その「1分26秒」辺りを右クリックし【軸の書式設定】を選択し、右のプロパティっぽい画面の「単位」の「主(J)」を「0.000695」に「補助(I)」を「0.000139」にする。

一通りの操作はこんな感じ。

これで、いい感じになるっぽい。

ま、適当にやっつけたダケなので、本当は「ちゃんとした簡単な方法」があるんだろうなぁ~(棒読み

※ 実は最初のグラフが余りにも醜いので、最初から書式(mm”分”ss”秒”)に変えてある。初期書式は(hh”時”mm”分”ss”秒”)だ。



【CentOS8】え!

最近知ったけど、ホストOSの7は2024年までサポート期間が残ってるけど、ゲストOSで使ってる8は今年(2021)中にサポート終了だって!

Red Hat Developer Programに参加してRHELを最大16個をサブスク登録して使う?

CentOS Streamに移行する?

ん-めんどくさいけど、CentOSからCentOS Streamにコンバートできるらしいからコレで済ませてしまうかもしれない。

root@centos-linux# dnf install centos-release-stream
root@centos-linux# dnf swap centos-{linux,stream}-repos
root@centos-linux# dnf distro-sync
root@centos-stream# cat /etc/centos-release
CentOS Stream release 8

Windows 8と同じく短命なのか。(南無南無

CentOS-Xとかにすればいいのに。



【Twitter】寒い時代になったぁ

Twitterにログインできるけどつぶやきが凍結されてしまった。

あ、ログインもはじかれた。

2021/02/13

今日もパスワード・リセットのメールが届かず。

そういえば、「普段とは異なる方法で・・・」とか書いてたな?

「普段と同じ方法」ならOKなんだな?(多分

最後の手段

スマホのtwitterアプリは基本的にログインしっぱなし(=普段と同じ方法)なのでここからパスワードの変更を試みたらできた。

どうやらPCからの接続は長時間のロックがかかっていたようだ。

というか・・・

とあるPCからアタックされまくっていたのだな?

しかし、心当たりは、ビビットアーミー と 原神 だけなんだが?

あ、どっちも中華ゲーだったな。(わっはっは

暫くはゲームを控えなくちゃいけないのかな???



【3Dプリンタ】印刷の事前準備

CURAでプリンタ設定の「プリンタ」タブの「G-Codeの開始」に

; Script based on an original created by tjjfvi (https://github.com/tjjfvi)
; An up-to-date version of the tjjfvi's original script can be found
; here:  https://csi.t6.fyi/
; Note - This script will only work in Cura V4.2 and above!
; --- Global Settings
; layer_height = {layer_height}
; smooth_spiralized_contours = {smooth_spiralized_contours}
; magic_mesh_surface_mode = {magic_mesh_surface_mode}
; machine_extruder_count = {machine_extruder_count}
; --- Single Extruder Settings
; speed_z_hop = {speed_z_hop}
; retraction_amount = {retraction_amount}
; retraction_hop = {retraction_hop}
; retraction_hop_enabled = {retraction_hop_enabled}
; retraction_enable = {retraction_enable}
; retraction_speed = {retraction_speed}
; retraction_retract_speed = {retraction_retract_speed}
; retraction_prime_speed = {retraction_prime_speed}
; speed_travel = {speed_travel}
; X5SA Pro Start Code
G21
G90
M82
M107 T0
M140 S{material_bed_temperature_layer_0}
M104 S{material_print_temperature_layer_0} T0
M190 S{material_bed_temperature_layer_0}
M109 S{material_print_temperature_layer_0} T0
G28
G92 E0
G28 ;Home
G1 Z15.0 F6000 ;Move the platform down 15mm
;Prime the extruder
G92 E0 ;Reset Extruder
G1 F200 E3 ;Extrude 3mm
G1 Y1 Z0.3 F200 ;Move Y1 Z0.3
G1 X120 F200 E10 ;clean-up
G1 X75 F200 E15 ;clean-up2
G92 E0 ;Reset Extruder Again

と追加すると、いいらしい。

2021/02/09

「ヘッド清掃」は印刷する前にベッドの手前側に樹脂を塗りつけるらしいので手前でクリップを止めている場合は注意。
※手前のクリップの針金が吹っ飛びました!
手前にクリップがある場合は・・・XとYを入れ替えて・・・こうですね。

G28 ;Home
G1 Z15.0 F6000 ;Move the platform down 15mm
;Prime the extruder
G92 E0 ;Reset Extruder
G1 F200 E3 ;Extrude 3mm
G1 X1 Z0.3 F200 ;Move X1 Z0.3
G1 Y120 F200 E10 ;clean-up
G1 Y75 F200 E15 ;clean-up2
G92 E0 ;Reset Extruder Again

所感

格安3Dプリンタだから失敗して壊れても・・・また買えばいいや
そう思ってたけど、失敗しすぎかな?



【CentOS】USB ON/OFF

OctoPrintでWEBカメラのタイムラプスが照明の反射で見にくいので、USBライトをつけようと思うけど、スイッチでON・OFFが面倒なので、コマンドでON/OFFできないか?
調べてみました。

WindowsのUSBデバイスの取り外しっぽいコマンドの記事があった。

  1. lsusbコマンドでデバイス検索
    • デバイスに対応する {Bus}-{port}. … .{port} をメモメモ。
  2. デバイスのUSBポートを解放
    • echo -n {Bus}-{port}. … .{port} >/sys/bus/usb/drivers/usb/unbind
  3. デバイスのUSBポートを接続。
    • echo -n {Bus}-{port}. … .{port} >/sys/bus/usb/drivers/usb/bind

{Bus}-{port}. … .{port} の部分はlsusbの結果次第なので、1-1.2-3.4 と長かったり、1-2.3と短かったりするので、難しい。

これでUSBライトをON、OFFできたらいいな。

あ、OctoPrintのタイムラプスのソースをチョット書換えが必要かな・・・

SUDO問題どうしよう?

wget http://localhost;8089/ON とか wget http://localhost;8089/OFF すればいいのかな?

てか?USBライトでも装置名が出てくるのかな?



【FreeCAD】ハニカム構造

ハマりました。

どうやって繰り返しパターンを作成するか?

  1. 1つづつ精魂込めて正六角形を描く
  2. 対象ジオメトリィ(鏡面複写)で2倍、さらに2倍でペースを稼ぐ
  3. マルチ変換でスケッチを縦横軸方向に複数複写して楽をする

どう考えても3一択。

ここまでは問題なし。

しかし、作ったモデルの板にハニカム構造の穴を開け様とした途端、どんどん反応が遅くなってきた。終いには1操作で20分くらい返ってこない。

遅くなった原因を考えてみた。

全オブジェクト(10)
× ハニカム構造にする辺の数(4)
× ハニカムのラインの数(22)
× ハニカムの縦軸の数(15)
× ハニカムの横軸の数(3)
× ハニカム化する板の数(4)
= 16万ぐらい

これだけ処理すれば、ポリゴンが激増するから、後になればなるほど、激増したポリゴン相手に処理するから更に劇遅になる。ポケット処理でハニカム作れば、すぐ十分ぐらいたってしまう罠。

ファイルサイズも100KB未満から5MBに大幅に増えていた。

あ、ワークベンチのドラフトに配列ツールがあるようだ。
ハニカム構造のオブジェクトを作ってこれでコピペしまくればよかったのかな?

おっと?最後の最後のマルチ変換は2時間経ってもまだ戻ってこないぞ!

2021/02/06

根本的な解決策無し。

終了!

2021/02/16

のハズだったけど、
FreeCADのワークベンチのDraftArrayで図形をコピーすると
処理待ち時間がほとんど無かったので再チャレンジ

スケッチ(Ver2)どっかのアニメのタイトルで観たような気がする

簡単な図形なら拘束さぼっても支障無いけど、この程度で1つでも拘束が漏れてるとスケッチからPAD(盛る)る時にERRORる。しかもどんどん拘束を増やすと「調整不能」で全部真っ赤になる。

質の悪いSTLのマゾっぷりそのまんまだなぁ(遠い目

とりあえず拘束に成功したので、コピってみる。

Arrayを過信して一気にコピーしたVer1

Curaのプレビューでもミスやエラーは見当たらなかったので印刷してみたら

ハチの巣状の天井部分が□枠に抜け落ちていた。

そのせいで

パチモン(フニャフニャ)ハニカム構造。

天井が/\になるようにしてみた。

スケッチの拘束を色々いじって90度回転させた結果

印刷時間が1日延びている?
スケッチが90度回転した絵に描き直した訳だけど
縦横のコピー数がそのままか・・・
もう少し見直した方がいいかな。



【3Dプリンタ】OctoLapse

インストやプリンタの登録の後に、

gcodeの初期コードの先頭に追加しないといけない。

; Script based on an original created by tjjfvi (https://github.com/tjjfvi)
; An up-to-date version of the tjjfvi's original script can be found
; here:  https://csi.t6.fyi/
; Note - This script will only work in Cura V4.2 and above!
; --- Global Settings
; layer_height = {layer_height}
; smooth_spiralized_contours = {smooth_spiralized_contours}
; magic_mesh_surface_mode = {magic_mesh_surface_mode}
; machine_extruder_count = {machine_extruder_count}
; --- Single Extruder Settings
; speed_z_hop = {speed_z_hop}
; retraction_amount = {retraction_amount}
; retraction_hop = {retraction_hop}
; retraction_hop_enabled = {retraction_hop_enabled}
; retraction_enable = {retraction_enable}
; retraction_speed = {retraction_speed}
; retraction_retract_speed = {retraction_retract_speed}
; retraction_prime_speed = {retraction_prime_speed}
; speed_travel = {speed_travel}

厄介なのは、以前作成したプロジェクトには反映されないっぽい。つまり開いているプロジェクトのみ設定される様だ。

2021/02/06

ラズパイ専用らしくCentOS7ではインスト失敗。

Installing plugin "Octolapse" from https://github.com/FormerLurker/Octolapse/archive/master.zip...
/home/pi/OctoPrint/venv/bin/python3 -m pip --disable-pip-version-check install file:///tmp/tmp3a5qsf8o/Octolapse-master.zip --no-cache-dir
Processing /tmp/tmp3a5qsf8o/Octolapse-master.zip
Requirement already satisfied: pillow>=6.2.0<7.0.0 in /home/pi/OctoPrint/venv/lib/python3.6/site-packages (from Octolapse==0.4.1) (8.1.0)
...(中略)...
Requirement already satisfied: zipp>=0.4 in /home/pi/OctoPrint/venv/lib/python3.6/site-packages (from importlib-resources->netaddr<1,>=0.7.19->OctoPrint>1.3.8->Octolapse==0.4.1) (3.4.0)
Using legacy 'setup.py install' for Octolapse, since package 'wheel' is not installed.
Installing collected packages: Octolapse
Running setup.py install for Octolapse: started
エラー!
Could not install plugin from https://github.com/FormerLurker/Octolapse/archive/master.zip, see the log for more details

since package ‘wheel’ is not installed.

管理者アカウントのwheelグループの事かな?ぐぐってみるとソレっぽい解決策があった。

$ sudo apt install python3-wheel
$ cd OctoPrint
$ source venv/bin/activate
(venv) $ pip3 install wheel
Collecting wheel
  Downloading wheel-0.36.2-py2.py3-none-any.whl (35 kB)
Installing collected packages: wheel
Successfully installed wheel-0.36.2
(venv) $ ls
venv
(venv) $ find . -name wheel -print
./venv/lib/python3.6/site-packages/wheel
./venv/bin/wheel
(venv) $

してみたけど

…(前略)…
Requirement already satisfied: zipp>=0.4 in /home/pi/OctoPrint/venv/lib/python3.6/site-packages (from importlib-resources->netaddr<1,>=0.7.19->OctoPrint>1.3.8->Octolapse==0.4.1) (3.4.0)
Building wheels for collected packages: Octolapse
Building wheel for Octolapse (setup.py): started
Building wheel for Octolapse (setup.py): finished with status 'error'
Running setup.py clean for Octolapse
エラー!
Could not install plugin from https://github.com/FormerLurker/Octolapse/archive/master.zip, see the log for more details

ググると、同じ目にあってる人がいたが、1.3.xの問題で、1.4.xで解決してたっぽい。

ま、それは仕方がない。

ラズパイ(Model 2B)よりも印刷時のヘッドの移動が

とても速くなった様な気がする。




top