【3Dプリンタ】PETG

PLAがなくなったので、PETGを試してみました。

余熱設定がプラットホームが80℃、ヘッドが230℃と高温設定に変わり、印刷後に迂闊にプラットホームを触ると危険になりました。

ペットボトルのリサイクル品らしいですが、素材が硬めなのか?エクストルーダーがささっと逆転する時に空回り(ポ!ボ!)音がしやすい。そのうちフィラメントが出てこなくなったので、ヘッドを外してみると詰まっていたので、交換。

また、余熱中に垂れてきたフィラメントが冷えて宙に〇を描き続けヘッドにべったりとくっ付いて雲ができてしまうことがあると、落ちた雲をヘッドが拾い上げた途端メチャクチャ。

ラフトを付ければ何とか印刷し始めるけど、糸引きがひどい。でも温度を下げると出てこない。なんとなく230℃でも温度が足りないのかな?

余熱設定がABSと同じなので、多分ABSもダメ。

保温カバーを作ってプラットホーム近辺を暖かに状態にしてあげないとダメな気がする。

昨今の状況から大判サイズ(1820ミリ×910ミリ)のスタイロホーム等は入手しずらい状況なので、中サイズ(60㌢×60㌢)の防音材で代用予定。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA